体と心のメッセージは感情や精神から

Pocket

星野さやか

人生の羅針盤で
あなたの本質と魅力を発揮させる
成幸プロデューサー星野さやかです

 

自分の体からの心のメッセージを
知りたくないですか?

 

ただの体調不良としてしまえばそれまでですが、もうちょっと掘り下げてみると感情や精神との綿密な関係があります。

例えば
人差し指をやたら怪我する場合
人差し指は特に目標達成の意味合いがあるので、その指を怪我するということは目標達成がうまくできていないということにまります。

そして、それは自分で制限をかけているのですが、ほとんどが思い込みなのです。
自分を信じて目標が設定されて、そこの目指していくという意識が整えば人差し指も怪我することもなくなります。

気づくことができれば、修正して心新たに未来へ踏み出すことができますね。
やはり、気づくこと(自分で理解すること)が大切です。

一家に一冊の便利な本です。
自分の本音(感情や精神)は自分が1番の良き理解者でありたいですね。


その名も

『自分を愛して』


リズ・ブルボー著
Lise Bourbeau

浅岡夢二 訳
Yumeji Asaoka

索引で検索もできるのでとても便利です。

私はよく股関節がずれて歩くことが
辛くなる時があるのですが
索引では
「股関節の痛み」126ページに載っています。

そして、今日の他のブログにも書いたのですが・・・
本当に軽々となりました。
興味あれば読んでみてくださいね。

https://ameblo.jp/goody1323/entry-12736972028.html

股関節の痛み

肉体的なレベル

股関節は、骨盤と下肢をつなぐ役目をしている非常に大切な間接です。

この関節のおかげで、私たちは立ったり、座ったり、歩いたりすることができるのです。

もし、股関節のトラブルが「骨折」や「関節炎」からきているのなら、以下の記述に加えて、それらの頁も参照してください。

 

感情的なレベル

その人が、自分のやりたいことに向かってうまく進むことができずにいる、ということを示しています。

その人はいつもこんなふうに考えてしまうのです。
「そんな場合はどうなるだろうか?きっとうまくいかないに違いない!」
「そんなふうにやったとしても、何一つうまくいくはずがない!」

自分の未来を決めるかもしれない誰かまたは何かに、深く関わることができません。
というのも、そんなふうにしたところで、何一つ良い結果を得られないだろうと思い込んでいるのです。

また、こんなふうにも考えます。
「こんな仕事をしていても、何もならないだろう」
「人生で、これ以上前に進むことなんか出来はしない」

立った姿勢で股関節が痛む場合

自分の決意を保ってしっかり立っていないのに、さまざまな恐れのためにそうすることができない、ということを表しています。

座っている状態、寝ている状態で痛む場合

その人が、休息することを自分に禁じている、あるいは、必要な時に休止することを自分に禁じている、ということを表しています。

 

精神的なレベル

股関節がどれくらい痛むかということは、あなたの敗北主義的な態度がどれほどひどいか、ということに対応しています。

どうか自分を信頼し、他の人たちを信頼し、力強く前進していってください。
固く決意して、未来に向かって突き進んでいってください。
進むに従って、あなたの決意があなたにふさわしいものかどうかがわかるでしょう。

もし、計画を変えたとしても、その時点で、次に何をすれば良いかがわかります。
あなたが今、望んでいることが、あなたにとってためになるかどうかを知るためには、あなたは新しい経験をする必要があるのです。

「そんなこと、うまくいくはずがない」などと考えていては、あなたがそれをすべきなのかどうかさえ知ることができません。
「もうこれ以上進めない」と考えるのではなく、自分が今どのレベルまで来ているかを考えてください。

もし、自分で考えてわからないのなら、あなたをよく知っている人たちに尋ねてみるといいでしょう。
どうかもっと柔軟になってください。

自分を信じて、考え方を変えれば、信じられないほど軽々と生きられるようになるでしょう。
人間に間違いなどないのです。
あるのはただ

「経験」

だけです。そのことを心に刻んでください。

 

 

ということが書かれています。

他にも追々、追記しますね。